イベント/講習会情報

【航空機耐空性管理】※Zoom参加(オンライン)※ 第22回 航空機耐空性管理コース(法と運用、MRB、MEL) 第22回 航空機耐空性管理コース(法と運用、MRB、MEL)※1日受講 法と運用

受付終了
概要
整備管理従事者講習会【専門編】の位置づけで、従来からの航空機整備・技術基礎コースの内容を大幅に見直し、航空機耐空性管理コース(法と運用、MRB、MEL)として新たに2日間コースを設定しました。本コースは航空機の製造・整備関係者が業務上最も基本的な事項である「耐空性と整備」について、法令面も含めた体系的な理解を得ることを目的としています。運送事業者(規模の大小を問わず)の整備関係者のみならず運航や安全管理の関係者、さらには航空機や関連機器の設計・製造・修理事業者や官公庁の航空安全関係者等に対しても極めて有益な情報を提供します。
★1日目★
航空機の耐空性をベースとした航空安全管理の法的枠組みと仕組みを中心に説明します
1. 航空安全航と耐空性
2. 耐空性の認証
3. 耐空性の維持と整備4. 世界と日本の航空法規のかたち
★2日目★
運航者の整備・技術管理の主要な業務である「整備プログラム」「MEL/CDL」等の設定と運用について、具体例を紹介して説明します。
1. MRBレポートとMSG-3
2. 整備要目の作り方
3. MELとCDL
4. 信頼性管理プログラム
☆それぞれ単日でのご受講も可能です。単日受講をご希望の方は単日申し込み用のページからお申し込みください。
開催日時
3/6(水)   09:30〜17:30
開催場所
第22回のオンライン(Zoom)参加の受付ページです
※教室受講をご希望の際は、教室参加の申し込みページよりお申込ください
アクセス
講師
中島 睦夫
受講料
正会員  13,600円(税込み)
学生会員 13,600円(税込み)
賛助会員 16,000円(税込み)
一般会員 19,200円(税込み)
教材
本講習会用テキストは事前発送いたします(御請求書同封)。
ご登録のご住所と異なる住所への発送をご希望される際には、必ず通信欄にご記入ください。
通信欄のご記載がない場合にはご登録されたご住所への発送となります。
定員
8人になり次第締め切ります。 また最少催行人員に満たない場合は不開講となる場合があります。
講習日の2週間ほど前に、開講/不開講を決定し、受講案内をメールにてお送りいたします。
お問い合わせ
業務部 講習会担当 
Tel:03-3747-7601
Fax:03-3747-7570
E-mail: kousyukai@jaea.or.jp
注意事項
・開催の2週間前に開催可否を確定いたします。
 最小開催人数(5人)に達しない場合には不開講となる場合がございますのでご了承ください。

・オンライン講習をご希望される方はオンライン誓約書のご提出が必要となります(開催確定時にご案内致します。)
 御誓約書をご提出いただき次第当日のzoom接続ID・パスワードをご案内いたします。
・受講料のお支払いは、ご受講後翌月末までに銀行振込をお願いいたします。
・ご受講後、試験解答・アンケートのご返送確認後に修了証書を発送いたします。

注※ 単日受講希望の方は単日受講申込ページからお申し込みください。
受付は終了いたしました。